腕時計専門情報マガジン

2017年3月23日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
思わぬところで役に立つ腕時計 はコメントを受け付けていません。

思わぬところで役に立つ腕時計

私が大学に進学するとき、私の祖母は私に腕時計を買ってくれました。買ってもらったときは、「今時携帯電話もあるのに腕時計なんて使わないだろうな…」と思っていました。元々腕時計をつける習慣もなかったので、入学してからしばらくはずっと箱の中に入れてしまっていた。しかし、思わぬところで使うことになったのです。前期の試験が近づいてきた頃、教授から試験に関する説明がありました。教授によると、教室の中には時計がないから、自分の時計で時間を計らなければならないというのです。その言葉を聞いて、「おばあちゃんに腕時計を買ってもらっておいてよかった」と思いました。110分にも及ぶ試験なので、時間を計らなければ問題を解くのにも支障をきたします。もちろん携帯電話を時計がわりにすることもできないので、腕時計を持っていくしかないのです。私の友達は腕時計を持っていない子が多く、みんな急いで買いに行っていました。試験当日は、祖母からもらった腕時計を確認しながら問題を解き、無事に単位も取得することができました。腕時計を持ち歩く人も少なくなった今ですが、思わぬところで必要になるのだと驚きました。これからもこの腕時計は大切に使っていこうと思います。

2017年3月19日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
腕時計は電波時計でデジタルに限る! はコメントを受け付けていません。

腕時計は電波時計でデジタルに限る!

腕時計は電波時計かつデジタルということに決めています!なぜなら使いやすい!

社会人になり電車通勤をするようになったのですが、朝はできる限り長く寝ていたいので、いつもバタバタ走っていきます。私の最寄り駅は始発駅なのですが、出発の時間がちょうどではなく、二十秒後に発車することに決まっているようです。だから、そのころに改札をくぐれば十分に余裕をもって乗車できるようになります。これがアナログの腕時計だと、短針がいつを指しているかを確認してから秒針がどこをさしているか確認をしなければいけないため、大変なのです。

乗り換えのときも、通勤ラッシュで人混みの中を歩いていくので、腕時計に目を奪われているヒマはありません。チラっと見ただけで分と秒を同時に確認でき、そのまま電光掲示板に目を移して、間に合う、間に合わないの判断をすることができます。

時間に余裕をもって行動すればいいじゃん、と言われればそれでおしまいですが、自分の生活スタイルを変えるよりも、腕時計を変えるほうが私にはあっていました。

社会人はアナログの腕時計がマナーというような印象がついているので、なかなか新社会人の人は使いづらいかもしれませんが、ある程度年数を重ねれば使えるようになると思いますよ!

2017年3月13日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
祖母からもらった腕時計 はコメントを受け付けていません。

祖母からもらった腕時計

前々から気になっていた部屋の片付けを思いきって始めてみました。

納戸の奥に置きっぱなしにされ長い間開けていなかった段ボール箱の蓋を開けてみると、その中には、小さな頃に遊んでいたおもちゃのアクセサリーや、リコーダー、小学校で卒業記念に作ったオルゴール付きの小物入れなど、しばらく忘れていた懐かしい物がぎっしり納められていました。

ふと「このオルゴールはまだ動くのかな」と思い、小物入れを開けてみると、そこには祖母からもらたう腕時計が入っていました。文字盤にピーターラビットの絵が描いてある茶色のバンドの腕時計。確か中学生になった時に、祖母がお祝いに買ってきてくれた物でした。この腕時計をもらった時は、なんだか少し大人に近づいた気がして、嬉しくて毎日この時計を付けていました。毎日身に付けているうちにバンドが傷んできて、祖母と一緒に時計屋さんに行き新しいバンドに交換してもらいました。あの頃はいつも身に付けていたのに、いつからしまいこんでしまったのだろうと考えてみましたが、思い出せませんでした。しまいこんでいたこの腕時計を偶然に見つけて、こうして祖母との思い出を懐かしく思い出すことができ、なんだか心が温かくなりました。

断捨離中でしたが、やっぱり大切な思い出の品は大切に保管しておこうと思い、今度は手の届きやすい場所に可愛らしい箱に入れ替えて片付けました。

2017年3月4日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
キラキラ、カラフル、母の腕時計 はコメントを受け付けていません。

キラキラ、カラフル、母の腕時計

母はあまり物欲のない人で、服もそんなにたくさんは持っていません。

同じものを何年も大切に着ているしブランドにも興味ありません。好きな色は黒と茶系、ぱっと見、とても地味です。

でも一つだけ、とてもこだわっている物があります。それは腕時計です。もともとブレスレットは好きでしたが、ある年ピンクや白の石をはめ込んだブレスレットウォッチを誕生日にプレゼントしたらそれはそれは気に入って、しばらくは手放しませんでした。

実はキラキラと華やかな割には、それは安物でした。申し訳なくなってそう言ったら「かえって遠慮なく使えていいわ」と嬉しそうに言うのです。本人が割り切っているのならこちらも楽ですから、それからは誕生日に限らず、母の日でもクリスマスでも、機会がある度に可愛らしい腕時計を探すことにしました。

あの地味な母が、腕時計だけは金や銀やキラキラの物をはめてニコニコする様子は、プレゼントした側からも微笑ましいものです。冬なら長袖にかくれてチラッと見えるのがお気に入りのようです。お出かけの時に友達にも褒められたらしく、自分でも次々と新しいデザインのものを買ってくるようになりました。

安物と知りながらも、電池が切れたら交換して大切に使ってくれています。これからも母の腕時計コレクションは増えていくことでしょう。

2017年2月26日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
大人なら腕時計を一つは持っているべきです はコメントを受け付けていません。

大人なら腕時計を一つは持っているべきです

一時期、腕時計の電池交換が億劫でしていない時期があったのですが、ここ最近また腕時計をするようになりました。やっぱり腕時計があると、きちんと時間を意識する生活を送るような感じがします。時間配分を考え、スケジュールを立てるといった風に。

また、時間に正確になりました。それまでもスマホで時間は見ていましたが、どうにも慌ただしい感じがありました。今では左の手首には必ず腕時計があるので、さっと時間を見ることができ、余裕も生まれました。

何だか自分でも腕時計があるだけで、スマートに見える感じがあります。これが男性なら、尚更だと思います。腕時計はステータスだし、持っているだけでスマートに洗練されて見えます。また、時間をきちんと大切にしている人なのかなというイメージも沸きます。

「腕時計のブランドも知らないし、どれを持てばいいのか分からない」という方もいるかもしれませんが、やはり大人たるもの、一つは腕時計を持つべきです。そして、ブランドなどというものは何でもいいのです。自分が気に入ったものを付けていれば、それでいいのです。

ただ、オフィスで使うのであれば、ベルトは革や金属製の物で派手すぎない腕時計がいいかなと思います。腕時計を付けているだけで、背筋がしゃんと伸びますよ。ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)腕時計専門店 | ヴィヴィアンエリア

2017年2月16日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
お母さまや奥様に、ダニエルウェリントンのギフトを はコメントを受け付けていません。

お母さまや奥様に、ダニエルウェリントンのギフトを

改まったビジネスシーンから、カジュアルな日常まで、どこにでも連れていける頼もしい相棒のような存在の腕時計と言えば、ダニエルウェリントンですね。Dの字が鏡文字になっているのが特徴的な、DWのロゴが盤に存在感を置いている、シンプルなデザインが特徴です。どちらかというと大人メンズのイメージが大きいブランドですが、もちろんレディース製品のラインナップも豊富です。

ダニエルウェリントンのレディース腕時計は、母の日や誕生日・結婚記念日などのイベントで、奥様やお母さまへのプレゼント選びに悩んでいる方にも、おすすめの腕時計と言えます。ダニエルウェリントン製品の魅力の一つは、シーンに合わせて選べる、交換ベルトの種類が多彩な点です。最初の記念日に、クラシックなダニエルウェリントンの時計をプレゼントし、その後は「暗色のレザー」「ビビッドなファブリック素材」など、毎回違った雰囲気のベルトをプレゼントに贈る、というのもユニークなプレゼントアイディアですね。ご自分のお気に入りのダニエルウェリントンと一緒に、ペアのバンドを購入するのも面白いでしょう。デートシーンはさりげなくペアルックで手首を飾っても素敵です。ダニエルウェリントンは遊び心も尊重しつつ、大切な方の環境の変化にあわせ、進化し続けて対応できる逸品です。
http://lk-shop.net/

2017年2月13日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
私の趣味の機械式腕時計 はコメントを受け付けていません。

私の趣味の機械式腕時計

私は機械式腕時計が好きです。しかし、機械式腕時計の販売価格はクオーツ時計の販売価格に比べると高額である場合がほとんどです。それでも、私は年に数回は機械式腕時計を購入します。このようなことを申しますと、私のお給料が高い高給取りのサラリーマンのように聞こえてしまうかもしれません。しかし、実際私はな中堅企業に勤める役職についていないごく平凡なサラリーマンです。

しかし、私は毎年機械式腕時計を購入しているのです。私が機械式腕時計を購入できるのには秘密があるのです。その理由は、私が購入する機械式腕時計は全て中古だからです。腕時計を中古で購入して、それをまた売却し、その代金でまた腕時計を購入するので、腕時計を新品で購入した時に比べてお金がかからないので、私は年に何度も機械式腕時計を購入しているのです。

ただ、最近は彼女との結婚も意識しているので、そろそろ機械式腕時計の趣味から卒業してもいいかなと思っています。なぜならば、私のような買い方で機械式腕時計を購入してもどうしてもそれなりにお金がかかってしまうからです。

だから、私は今の自分が一番いいと思っている機械式腕時計を購入してそれを一生使い続けようと思っているのです。

2016年10月5日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
腕時計の思い出と父との思い出 はコメントを受け付けていません。

腕時計の思い出と父との思い出

腕時計に関する記事として、相応しいかどうか分かりませんが、私の父の思い出について書きたいと思います。

私の父は、決してゆとりのある家計ではなかったと思いますが、中学校と高校に進学するとき、子供達に必ず「腕時計」を買ってくれました。

どうして買ってくれるのか、父に聞いたことはありません。

「このお金で買ってくるように、時計屋は、○○堂」と言って、時計屋指定でお金を渡してくれました。

私には中学校と高校に進学するとき2回、弟には中学校に進学するとき1回、惜しげもなく腕時計を買ってくれました。

今思えば、進学したお祝いとして、また成長した証として、腕時計をプレゼントしてくれたのだと思います。

父と私はよくささいなことで衝突し口論していました。

私は父からの腕時計のプレゼントを心の底から喜べない意地がありました。

今思い起こせば、素直に喜んであげればよかったと後悔しています。

それぞれの腕時計は、それぞれの兄弟の腕に巻かれ、それぞれの時を刻み、それぞれ成長していきました。

そして、私達兄弟にとって腕時計は、それぞれの人生への旅立ちのとき、いつも一緒にいてくれた友のような存在でした。

壊れたことがなかった腕時計、今もどこかで時を刻んでいることでしょう。

2016年9月6日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
私には”なくてはならない存在”である腕時計 はコメントを受け付けていません。

私には”なくてはならない存在”である腕時計

みなさんにとって腕時計ってどのような存在ですか?私はこの質問をされたとき「なくてはならない存在!」と答えました。実はこの質問は心理テストで「あなた にとって恋人とはどのような存在か。」という答えなんだそうです。正解かどうかは別として、私にとっては腕時計はなくては非常に困るものです。今はスマホで時間をチェックするという方も多いかもしれませんが、私はやっぱり腕時計で 時間を確認したいタイプ。腕時計をすると邪魔くさいという方もいるかもしれませんが、腕時計も立派なファッションになりますしね。私は若い頃は1万円程度の腕時計を幾つか使っていました。その日の気分や服装に合わせるといった感じで毎日違うものをつけていたんです。ですが30代になると2、3万円程度のものでゴールドとシルバーの2つのみを使うようになりました。そして40代の今はというと、30代に使っていたゴールドの物のみを使用しています。年齢を重ねるにつれてシンプル化されていったというところでしょうか。こう考えると腕時計で自分の変化を知れるというのも面白いですよね。今後腕時計を買うとするなら、やはりゴールドのシンプルなデザインの物を買いたいと思います。ですが一生使えるようなものが見つかるまでは買わないかもな、と今は思っています。

2016年7月25日
から LgndywuBjU6JzVkZYd6aZRZEgMTncmbbwAxbMvfbENMYhbATpp
高級腕時計がホテル利用時に欠かせなくなった はコメントを受け付けていません。

高級腕時計がホテル利用時に欠かせなくなった

ゴルフ場でたまたま仲良くなった老夫婦から、高級腕時計をプレゼントされた珍しい経験を私は持っています。質屋で鑑定してもらうと60万円で買い取ることができると言われた一品であり、現在は専ら自宅の金庫で保管しています。しかしながら、年に数回は利用するホテルに赴く場合は必ずと言っていいほど着用します。

当該ホテルを初めて利用したとき、一泊した私の表情はひどく曇っていました。正体はわかりませんが、何かしらの設備の室外機らしきものの近くにある部屋へ通されたからです。思い起こしてみれば、当時の服装は上下ジャージにサンダルといったラフすぎるものでした。そのせいか、雑に扱っても問題ない客として見られたようで散々な目に遭いました。

同じホテルに、今度は仕事関係の用事で足を運んだときのことです。スーツに身を包み、プレゼントされた高級腕時計を装着していました。どうせまた騒がしい部屋に通されるかと思いきや、静かで夜景が綺麗なところで宿泊することができたのです。結局は見た目で利用できる部屋が決まるのだと思い知らされたので、次の利用時も同じような格好で訪れました。これまでに同じことを五回行いましたが、かつての騒がしい部屋に通されていません。そのため、これからもホテル利用時は服装だけでなく腕の装飾品にも気をつけるつもりです。